人材不足の職業

警備員

景気が良くないと感じる人が多くなっていますが、人材不足と言われる職業が多くなっている不思議さを感じる人もいるのではないでしょうか。看護師や薬剤師、保育士や介護士と言った職業は以前から人材不足と言われて来ましたが、それらにも勝る職業が警備員不足です。警備の仕事として頭に浮かびやすいのが交通誘導ですが、なんと警備会社の80%以上が大変不足していると答えています。更にはイベント会場から雑踏の警備や空港保安と言った非常に大事な仕事にも人材不足となっており、業界は大変な苦労を強いられているのが現状です。そのため警備業に関する有効求人の倍率は、8倍以上にもなっていると言われるまでになっているのですが、仕事の大変さから人が集まらない状態となっています。

人間関係で悩むことがない

警備員

警備員の仕事は重労働と考える人が多くなっていますが、交通誘導と言った場合でも長時間労働は避け、希望の時間帯で働くことが出来るなど配慮がされる時代になりました。人材確保のためには、警備会社も人員配置においても働きやすい環境作りに心がけることが多くなっています。そのため高齢者と言われる人たちにも、務まる職業となって来ています。交通誘導などの仕事では人と関わることがなく、人間関係に煩わしを感じることなく仕事が出来るメリットがあり、精神的に悩む必要がない仕事として選ぶ人も多くなっています。

常に緊張感を伴うことも

警備員

警備員の仕事は緊張の連続でもありますが、更に緊張感が必要な仕事として現金輸送車や貴重品の輸送といったことがあります。銀行から現金を移動する場合、大きな金額を運ぶことになり、盗難などの被害に遭わない工夫をする必要が出てきます。これらの職務につくことを3号業務と言い、誰もが出来る仕事ではありません。高額な金銭を運ぶことになるために警備員も身の安全を確保する必要があり、防弾チョッキを装着しての仕事となり、危険にさらされている仕事でもあります。

体力や忍耐が必要になる

警備員

警備員の仕事には、依頼者の身辺警護をする俗に言うボディガードがあります。来日した俳優や歌手などの身辺警護などを行うもので、依頼された人の身辺を警護し、安全な生活環境におく仕事となります。これら身辺警備の仕事を4号警備と呼び、このボディガードの職に就いた人は自身の自由時間が持てないなどのハードな仕事が待っています。飲食に関しても警備の対象者からの許可を得ることが必要になることも多く、トイレに行く時間もない場合も考えらます。このボディガードとして働く人は、普段から体力をつけることや水分の摂取量を意識して生活する必要がある大変な仕事にもなっています。

広告募集中